歯がなくなった方へ

歯を失ってしまったら

歯を失ってしまった時、そのままの状態で放置すると、残っている歯が倒れてくるなどさらにお口の中の状態が悪化してしまうことになります。1本くらいはなくても大丈夫と思わずに、きちんと治療を受けるようにしましょう。

インプラント治療

顎の骨にチタンの人工歯根を埋め込むことで、新しい歯を装着することのできるインプラント治療。近年、その認知度が高まり、興味を持つ方も増えてきました。口腔外科手術が必要なため、恐怖心を持たれる方もいらっしゃるかと思いますが、当院では、当たり前の治療選択肢の一つとして、患者さんに治療方法、そしてメリットやデメリットをお話するようにしています。
インプラントは入れ歯やブリッジと比べてしっかりと噛めるという大きな特徴がありますので、歯を失ってしまった方は、一度ご検討されてみてはいかがでしょうか。

― インプラント治療のメリット ―

  • 自分の歯と同じような感覚で噛める
  • 健康な他の歯に負担をかけない、歯を削る必要もない 
  • 見た目がきれいに仕上がる
  • 取り外して洗浄をする必要がない

― 安全第一のインプラントを ―

当院では、患者さんを大きなリスクに晒すようなインプラント治療はしていません。事前の検査できちんと歯や骨の状態を確認し、インプラントの埋め込み手術を行う時にも歯の状態を直接確認した上で、安全性が高い場合のみ治療を進めていきます。インプラント体(フィクスチャー)は厳重な管理の元、一本一本梱包されてしっかり滅菌されています。埋入直前に患者様の目の前で開封するので衛生的で安全です。

― インプラントを長持ちさせるために ―

インプラント(人工歯根)はチタンでできているため、腐敗や破損の恐れはありませんが、適切な口腔ケアをしていかないと、歯周病になり歯茎や骨といった土台から崩れていってしまいます。治療が終わった後、定期的に検診やクリーニングを受けることでインプラントは長続きさせることができます。せっかく入れたインプラントをできるだけ長く使い続けられるよう、治療後のメンテナンスを怠らないようにしましょう。

入れ歯治療

歯を失った時の治療方法として、従来から用いられているのが入れ歯です。しかし、実際には様々な入れ歯が開発されており、現在お使いの入れ歯に満足していない方も、種類を変えるだけで驚くほどご満足いただけることがあります。保険外の義歯には、金属床、マグネットデンチャー、アタッチメントデンチャー、ノンクラスプデンチャー、インプラントを土台にしたボールアタッチメントデンチャーなど、設計は豊富にあります。金属床義歯とは、保険の義歯で使われているプラスチックの部分を薄い金属に置き換えて作った入れ歯の事です。舌のよく当たる部分を薄い金属にする事によって、小さくて違和感の少ない、また落としても壊れにくく変形しにくい入れ歯になります。金属なので直接歯肉に温度を感じる事ができ、熱いコーヒーやお茶、冷たい飲み物など、より繊細で爽やかなイメージになります。
「インプラントは高くて…けど入れ歯だと金属のバネが見えるし…」後方に歯がなくて、ブリッジが出来ない場合、インプラント以外では入れ歯の選択肢しかありません。しかし保険の入れ歯だと設計や材料が決まっていて、必ずしも最適で快適な物ではない事もあります。特に部分入れ歯だと入れ歯が外れないように自分の歯に金属のバネをかけるのですが、その針金が見えて入れ歯だとわかり、審美的にも良好とは言えません。
そこでアメリカで開発されたのが、金属のバネを使わないノンクラスプ・ナチュラルデンチャーと言われる保険外の入れ歯です。金属のバネの代わりに、弾力性のある歯茎と同じ色の床で維持させるため審美的に非常に優れた入れ歯の製作が可能です。軽量で柔らかくアレルギーの心配もありません。
当院では、信頼のできる技工士に依頼し、さらに歯茎との調和が取れるよう納得いただけるまで調整いたします。ただ入れ歯を作るのではなく、お口の中でできるだけ快適に、できるだけ目立たないように入れ歯を作りたいという方は、ぜひ当院へご相談ください。

― 総入れ歯 ―

チタン床の入れ歯
  • 素材:土台部分にチタンを使用
  • 違和感のなさ:★★★★
  • 安定性:★★★★★
  • 熱の伝わり方:★★★★★
  • 保証期間:3年

薄くて軽い金属でお作りしますので、違和感が少なく安定した噛み心地になります。また、金属アレルギーの心配はほとんどありません。

コバルトクロム床の入れ歯
  • 素材:土台部分にコバルトクロムを使用
  • 違和感のなさ:★★★
  • 安定性:★★★★
  • 熱の伝わり方:★★★★
  • 保証期間:3年

チタンほどではないものの、薄く丈夫に仕上がります。ただし、金属アレルギーのリスクがあります。

磁性アタッチメント付きの入れ歯
  • 素材:磁石を埋め込んだ入れ歯
  • 違和感のなさ:※入れ歯の種類による
  • 安定性:安定してよく噛めるようになる
  • 熱の伝わり方:※入れ歯の種類による
  • 保証期間:3年

磁石の力で、お口の中に入れ歯を装着します。安定感があり外れにくいのがメリットです。

プラスチックの入れ歯
  • 素材:土台部分にプラスチックを使用
  • 違和感のなさ:★★
  • 安定性:
  • 熱の伝わり方:
  • 保証期間:

保険診療による入れ歯です。素材や製作工程が限られているため、自費の入れ歯に比べて精度が下がってしまいます。また、厚みがあり違和感を覚えやすいのも大きなデメリットです。

― 部分入れ歯 ―

チタン床の入れ歯
  • 素材:土台部分にチタンを使用
  • 違和感のなさ:★★★★★
  • 安定性:★★★★
  • 熱の伝わり方:★★★★★
  • 保証期間:3年

軽くて丈夫な金属であるチタンを使用していますので、薄く仕上がります。味覚への影響もほとんどありません。

コバルトクロム床の入れ歯
  • 素材:土台部分にコバルトクロムを使用
  • 違和感のなさ:★★★★
  • 安定性:★★★★
  • 熱の伝わり方:★★★★
  • 保証期間:3年

薄くて違和感が少ないのが特徴です。ただし金属っぽい味を感じることがあります。

ノンスクラブの入れ歯
  • 素材:ナイロンを使用
  • 違和感のなさ:★★★
  • 安定性:★★★
  • 熱の伝わり方:★★
  • 保証期間:3年

入れ歯を支えるためのバネがないため、お口を開けた時に入れ歯が目立ちません。ただし、耐久性がないというデメリットもあります。

磁性アタッチメント付きの入れ歯
  • 素材:磁石を埋め込んだ入れ歯
  • 違和感のなさ:※入れ歯の種類による
  • 安定性:安定してよく噛めるようになる
  • 熱の伝わり方:※入れ歯の種類による
  • 保証期間:3年

バネがないため目立ちにくい、磁石の力で固定するため外れにくいという特徴があります。

プラスチックの入れ歯
  • 素材:土台部分にプラスチックを使用
  • 違和感のなさ:★★
  • 安定性:
  • 熱の伝わり方:
  • 保証期間:3年

保険診療による入れ歯です。調整が容易ですが、自費の入れ歯と比べると製作精度が下がり、お口の中での違和感も大きいのがデメリットです。

院長ブログ

ご予約・ご相談

top_btu01.jpg

時間外ネット予約

Web予約